スマートフォン版へ

ダッシャーゴーゴー、因縁の中山で重賞V/オーシャンS

  • 2011年03月06日(日) 12時06分
「第6回オーシャンS・GIII」(芝1200m)は5日、中山11Rに16頭で争われ、好位を追走した3番人気のダッシャーゴーゴーが、直線で抜け出すと、ゴール前の競り合いを3/4馬身差で制し、重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは1分07秒8。2着には外から追い込んだ2番人気のキンシャサノキセキ、さらに鼻差の3着には道中2番手から粘った1番人気のレッドスパーダが入った。

「この馬には申し訳ない思いをさせたので、勝ててホッとしています」。お立ち台に上がった川田は神妙な面持ちで話し始めた。昨年のスプリンターズSは勝ち馬と鼻差の2位で入線したが、他馬の走行を妨害したとして4着に降着となった。「リズム良く走らせることを考えて、乗りました。最後までよく辛抱してくれました」と相棒の頑張りををたたえ、因縁の中山での勝利をかみしめる。

 安田師も目を細めた。「最高の形で、高松宮記念(27日・阪神)に向かえます」と胸を張る。春のスプリント王の座を争う舞台は、初めて重賞を勝った阪神の6F戦。前哨戦を快勝した人馬が、仁川で頂点を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す