スマートフォン版へ

キンシャサノキセキ、新兵器で王座防衛へ/高松宮記念

  • 2011年03月27日(日) 12時07分
 金曜に阪神競馬場入りしたキンシャサノキセキは、レース前日の土曜朝、厩舎周りの運動を約1時間消化した。「何度も阪神には来ているけど、いつもは馬運車のなかで少し残すカイバを今回は全部食べていた。運動中もこれまでより落ち着きがありましたよ」と話した小林厩務員も、1年前とは違った心境でレースに向かえるという。「去年はかなり緊張しましたね。連勝を重ねていたし、初のGIタイトルもかかっていましたから。今年はいい意味でリラックスできています」と笑顔を見せた。

 前走時からチークピーシーズを着用している。「先生(堀師)の“もうひとつあるはずのギアを引き出すために”という考えで着けたけど、前走の伸びを見る限り効果はあったと思う」。さらなる進歩がなければ、レース史上初の連覇を達成することが難しい。精神面の落ち着き、そして新兵器を武器に王座防衛を決める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す