スマートフォン版へ

ワイルドラッシュに買戻しのオファー

  • 2004年04月07日(水) 17時15分
 今シーズンから静内のアロースタッドで供用されているワイルドラッシュ(牡9、父Wild Again)に米国から、購入時の倍以上となる800万ドル(約8億4000万円)で買戻しのオファーがあったことがわかった。シンジケートではこれを拒否、同馬は、来シーズン以降も日本で種牡馬生活を送ることになった。

 ワイルドラッシュは現在までに2世代がデビューしており、日本での産駒は、ホープフルS2着で、青葉賞(G3)にも出走したスズジャパン京王杯2歳S(G2)5着のナカヤマバスターなどが活躍中。また、米国ではハリウッドスターレットS(米G1)を快勝したHollywood Story(牝3)、初勝利までに5戦目を要したものの、ルイジアナダービー(米G2)を快勝し、ケンタッキーダービー(米G1)戦線に名乗りをあげたWimbledon(牡3)などがいる。産駒の活躍により国内外で評価が高まり、それが今回の買戻しのオファーの要因と考えられる。

 ワイルドラッシュは現役時代、メトロポリタンH(米G1)、カーターH(米G1)など重賞4勝を含み、16戦8勝3着3回。99年から種牡馬として供用されていたが、昨年暮れに日本の生産者グループによって購買、総額3億2900万円でシンジケートが組まれている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す