スマートフォン版へ

土門健司元調教師が死去

  • 2004年05月06日(木) 14時14分
 4日、80年宝塚記念を制したテルテンリュウなどを管理した土門健司元調教師(88)が病気のため亡くなった。

 土門健司元調教師は騎手として、47年の菊花賞をブラウニーで菊花賞初挑戦で制し、天皇賞・春を連覇(49年ミハルオー、50年オーエンス)するなど活躍。60年に調教師に転身してからは通算492勝を挙げた。

 葬儀・告別式は、7日午前11時30分より栗東市御園、栗東トレーニングセンター厚生会館分館1階ホールで行われる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す