スマートフォン版へ

関東馬アイムユアーズが重賞初V、栗東滞在で阪神JFへ

  • 2011年11月06日(日) 12時07分
「第16回ファンタジーS・GIII」(芝1400m)は5日、京都11Rに17頭で争われ、中団を追走した8番人気のアイムユアーズが直線で鞍上メンディザバルが追い出すと、力強い伸び脚を披露。前を行く人気馬をまとめて差し切り、重賞初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分21秒3。1馬身1/4差の2着は4番人気のアンチュラス、さらに鼻差の3着には1番人気のファインチョイスが入った。

 メンディザバルが見事なエスコート。「DVDを見て“すごい馬だな”と思っていた。手綱さばきがどうこうということはなく、簡単に乗れた。強いなと思った」。08年WSJSで総合優勝を果たしたが、未勝利での栄冠だった。記念すべき日本での初Vが重賞。覚えたての日本語で「アリガトウ」と感謝を口にした。

 関東馬では初めてのファンタジーS制覇。長距離輸送をクリアしての勝利に、手塚師は「函館2歳Sの雪辱を果たせてよかった。今のところ不安はない。距離が延びても大丈夫。自信を持って、GIへ向かいたい」と笑みを浮かべる。このまま栗東に滞在し、阪神JF(12月11日・阪神)で2歳女王の座を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す