スマートフォン版へ

マジェスティバイオが1番人気に応えJG1制覇/中山大障害

  • 2011年12月24日(土) 14時40分
 24日、中山競馬場で行われた、中山大障害(3歳上、JG1・芝4100m)は、山本康志騎手騎乗の1番人気マジェスティバイオが、直線鋭く脚を伸ばし、先に抜け出した3番人気ディアマジェスティを1/2馬身差交わし優勝した。勝ちタイムは4分44秒2(良)。さらに2馬身差の3着には4番人気ドングラシアスが入り、7月の中山グランドジャンプ(JG1)を制したマイネルネオスは4着に敗れている。

【勝ち馬プロフィール】
マジェスティバイオ(牡4)
父:オペラハウス
母:ハイグレードバイオ
母父:ヘクタープロテクター
厩舎:美浦・田中剛
成績:22戦5勝(障害9戦4勝、重賞3勝)
主な勝ち鞍:東京ジャンプS(JG3)、東京ハイジャンプ(JG2)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す