スマートフォン版へ

船橋の函館調教師、死去

  • 2004年06月08日(火) 11時50分
 7日、船橋競馬場所属の函館喜弘調教師(64)が競走馬に蹴られて亡くなった。通夜及び告別式については未定。

 函館調教師は、担当厩務員と2歳馬の引き運動を行っていたが、突然馬が暴れ出し、制止しようとして胸部を強く蹴られた。すぐに船橋市立医療センターに搬送されたものの、亡くなった。死因は外傷性心破裂。

 同師は、第1回日本ダービーをワカタカで制した函館孫作騎手の孫にあたり、のちに養子となった。74年に船橋競馬場で開業し、通算成績3411戦431勝。00年ゴールドカップを制したレインボーリバティなどを手がけ、01年ダービーグランプリ(交流G1)でムガムチュウの3着、02年南部杯(交流G1)でトーホウエンペラーの2着だったバンケーティングを昨年から今年2月にかけて管理したこともある。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す