スマートフォン版へ

4着ワールドエース福永「最後もジリジリとしか…」/日本ダービー

  • 2012年05月28日(月) 12時00分
 史上初となるダービー連覇を狙った池江厩舎だったが、トーセンホマレボシが3着、ワールドエースは4着に敗れた。

 1番人気のワールドエースは中団からやや後ろのポジション。最速タイの上がり3F33秒8の末脚を繰り出したが、勝ち馬にはコンマ2秒届かなかった。「折り合いは問題なかったし、スムーズに走っていた。ただ、4角でフェノーメノについていけず、最後もジリジリとしか伸びなかった」と初制覇を狙った福永。期待が大きかっただけにショックを隠せない。

 日本レコードを引っさげて挑んだトーセンホマレボシは、2番手からの積極的な競馬を展開。ウイリアムズは「いい形で競馬はできたが、最後で勝ち馬に寄られてしまった。あれがなければ2着はあったかも」とゴール前の場面を振り返った。

 昨年のオルフェーヴルに続くVを逃し、池江師は「2頭とも作戦通りの競馬はできたが、仕上げが甘かったということでしょう。力をつけて出直します」と肩を落とす。府中が試練の舞台となった良血馬2頭。秋はリベンジの季節にする。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す