スマートフォン版へ

ジャイアンツコーズウェイ産駒、無敗で初重賞

  • 2004年07月29日(木) 15時33分
 現地時間28日、英国・グッドウッド競馬場で行われたヴィンティジS(2歳、英G1・芝7f)は、J.ファニング騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.61倍)シャマーダル Shamardal(牡2、英・M.ジョンストン厩舎)が、2番人気(単勝8倍)ウィルコ Wilkoに2.1/2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分27秒4(良)。

 勝ったシャマーダルは、父が今年の新種牡馬ジャイアンツコーズウェイ Giant's Causeway母Helsinki(その父Machiavellian)という血統で、叔父には02年ドバイワールドC(首G1・ダート2000m)などを制したストリートクライ Street Cry(牡6、父Machiavellian)がいる。12日、英国・エア競馬場で行われたメイドン(未勝利)レース(芝6f)でデビュー。2着に8馬身差をつける圧勝でここに臨んでいた。通算2戦2勝。通算2戦2勝。

 同馬の父ジャイアンツコーズウェイ(その父Storm Cat)は、近親にエアザイオン(牝8、父グルームダンサー、99年クイーンS-G3)がいて、現役時代は00年6月のセントジェイムズパレスS(英G1)から同年9月の愛チャンピオンS(愛G1)まで、わずか3ヶ月にも満たない期間でG1・5勝を挙げ、「アイアンホース」と称された名馬。同年11月のBCクラシック(米G1)2着を最後に、通算13戦9勝、2着4回(G1・6勝)の成績を残し引退。今年の2歳が初年度産駒となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す