スマートフォン版へ

種牡馬リンカーンが死亡

  • 2012年06月26日(火) 12時25分
 社台スタリオンステーションは、04年阪神大賞典(GII)、05年京都大賞典(GII)、06年日経賞(GII)などに勝利し、現役引退後は種牡馬として供用されていたリンカーン(牡12)が、23日(土)夕方、病気のために死亡したと発表した。

 リンカーン父サンデーサイレンス、母が府中牝馬S(GIII)2着のグレースアドマイヤ(その父トニービン)という血統で、おじにフサイチコンコルド(日本ダービー-GI)、アンライバルド(皐月賞-GI)、半弟にヴィクトリー(皐月賞)などがいる活躍馬多数の一族。

 現役時代は3つのGIIを制し、06年の宝塚記念(GI、9着)を最後に通算23戦6勝で引退、07年から種牡馬入り。初年度産駒のデルマドゥルガーが昨年のジュニアC(OP)に優勝。クイーンS(GIII)でも3着しているほか、マイネリスペクト黒潮皐月賞(高知)を勝利している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す