スマートフォン版へ

ビワシンセイキ、屈腱炎発症

  • 2004年08月30日(月) 11時46分
 12日の前走ブリーダーズゴールドC(交流G2)で3着したビワシンセイキ(牡6、栗東・松田博資厩舎)が、左前屈腱炎を発症していることが判明した。全治に関しては現在不明。近日中に、千歳市の社台ファームに放牧に出される。

 ビワシンセイキは、父フォーティナイナー母オシアナ(その父Northern Dancer)という血統で、伯父に名種牡馬Storm Bird(牡26、デューハーストS-英G1)がいる。02年6月から5連勝で一気にOP入りすると、同年の東京大賞典(交流G1)、翌03年フェブラリーS(G1)ではゴールドアリュールの2着に好走する。続くかきつばた記念(交流G3)で初重賞制覇を飾ると、その後も帝王賞(交流G1)で2着と、ダートの一線級で活躍する。03年12月のとちぎマロニエC(交流G3)制覇後は、勝ち切れない競馬が続き、前走のブリーダーズゴールドC(交流G2)でも、同厩タイムパラドックス(牡6)の3着に敗れていた。通算成績は33戦10勝(地方12戦2勝)。

 先日、引退が発表された昨年の2冠馬ネオユニヴァース(牡4、栗東・瀬戸口勉厩舎)に続き、8月に入ってからも、昨年の菊花賞(G1)馬ザッツザプレンティ(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)、今年の天皇賞・春(G1)を制したイングランディーレ(牡5、美浦・清水美波厩舎)、今年の京成杯(G3)2着のマイネルマクロス(牡3、栗東・中村均厩舎)など、屈腱炎による引退、戦線離脱が相次いでいる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す