スマートフォン版へ

ジェンティルドンナ、樫と同枠に石坂師ニンマリ/秋華賞

  • 2012年10月13日(土) 12時00分
 歴史を刻む1完歩は外めの偶数枠から始まる。牝馬3冠を目指すジェンティルドンナが引き当てたのは7枠(14)番。オークスと同じスターティングポジションに、石坂師は思わず笑みをこぼした。「おっ、同じだなと思ったよ。枠はここでいい。強いて言えば(1)番は嫌だなと思っていたけどね。着順はもちろん“イチバン”がいいが」と納得の表情で腕を組んだ。

 金曜の朝、“貴婦人”は軽めの運動で体をほぐした。まさに威風堂々。少々ヒステリックな面があった春先とはまるで雰囲気が違う。一段とグラマラスになった馬体からも、著しい成長度合いが感じられる。「ピリピリしたところもなく、落ち着いている。もうここまで来たら、ジタバタしても仕方がない。このままいってくれたら」と歓喜の瞬間を心待ちにする。

 スタッフ一丸となって臨む最後の1冠。「“3冠”ということで、厩舎的な盛り上がりも確かにある。あとは普通に回ってこられれば勝てると思います」と指揮官。史上4頭目の偉業達成へ、スキは全くうかがえない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す