スマートフォン版へ

さきたま杯、ロッキーアピールが勝ち波乱

  • 2004年09月08日(水) 16時21分
 8日、浦和競馬場で行われたさきたま杯(3歳上、交流G3・ダート1400m、1着賞金3000万円)は、今野忠成騎手騎乗の6番人気ロッキーアピール(牡6、川崎・山崎尋美厩舎)が好位追走から早めに抜け出すと、追い上げた4番人気ストロングブラッドをクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分25秒5(良)。さらに3/4馬身差の3着に3番人気ノボトゥルーが入り、単勝10,080円、3連単は396,990円の高配当。1番人気ニホンピロサートは後方から追い込むも4着、約5ヶ月ぶりのレースとなった2番人気マイネルセレクトは6着に敗退した。

 勝ったロッキーアピール父Valid Appeal母Dame's Rocket(その父Timeless Native)という血統の米国産馬で、父はドゥワイアH(米G1・ダ9F)など米36戦8勝。日本では4頭の産駒がレース出走しており、産駒の重賞制覇は初めて。00年11月に中京の新馬戦(ダート1600m)で栗東・松田国英厩舎からデビューし初勝利。02年8月大雪H(1600万下・ダート1700m)1着、01年6月ファルコンS(G3)2着、02年8月エルムS(G3)6着など27戦4勝の成績を残し公営に移籍。その後9戦して3勝、前走8月11日のスパーキングサマーC(川崎)では9着だった。今回が重賞初制覇。通算成績は37戦8勝(うちJRA27戦4勝)。今野忠成騎手山崎尋美調教師ともに同レース初勝利。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す