スマートフォン版へ

ダービー馬ディープブリランテが引退、種牡馬入りへ

  • 2012年10月26日(金) 18時00分
 26日、今年のダービー優勝馬で、菊花賞を前に右前脚屈腱炎を発症し放牧に出されていたディープブリランテ(牡3歳、栗東・矢作芳人)が、そのまま引退することが明らかとなった。今後は、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りとなる。

 ディープブリランテは、11年10月1日の阪神5R新馬戦(芝1800m)でデビュー。2着馬に5馬身差を付け圧勝すると、続く東スポ杯2歳S(東京)も3馬身差の完勝で重賞初勝利。年明け緒戦の共同通信杯(東京)、続くスプリングS(中山)は連続2着。皐月賞は、ゴールドシップワールドエースに後塵を拝する形で3着。

 3番人気で迎えた日本ダービーは、早め抜け出しからゴール前フェノーメノの猛追をハナ差凌いで優勝。鞍上岩田騎手・管理する矢作調教師にとっても初めての栄冠をもたらした。その後は、英国・アスコットへ遠征し、7月21日キングジョージ6世&クイーンエリザベスSに挑戦して8着。

 帰国後は菊花賞を目標に調整が続けられたが、同レースの最終追い切り後に脚部不安を発症して直前回避。精密検査の結果、右前脚屈腱炎を発症していたことが判明し放牧へ出されていた。

 この度関係者間で協議が行なわれ、正式に引退・種牡馬入りとなった。

矢作芳人調教師のコメント

「もう一度ファンの前にお見せできないのが非常に残念ですが、サラブレッドはアスリートと思っていますので、引き際が大事だと考えました。この馬と過ごした1年余りは本当に夢のようでしたし、僕にとってこの馬は宝物でした。海外制覇の夢は子供たちに託したいと思いますので、子供たちを競馬場で応援していただければと思います。」

【プロフィール】
ディープブリランテ(牡3)
厩舎:栗東・矢作芳人
父:ディープインパクト
母:ラヴアンドバブルズ
母父:Loup Sauvage
馬主:サンデーレーシング
生産者:パカパカファーム
通算成績:7戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:12年日本ダービー(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す