スマートフォン版へ

ダークシャドウ天皇賞上回るでき、馬体シャープに/ジャパンC

  • 2012年11月24日(土) 12時00分
 品のいい栗毛が、朝もやのなかに浮かび上がった。金曜のダークシャドウは美浦Wをキャンターで調整した。ピかピかの馬体は周囲のどの馬よりもよく栄える。天皇賞・秋を上回るピークの状態で出走態勢を整えた。

 札幌記念から2か月以上も間隔があいた前走は8キロ増の516キロ。橋本助手は「前走の中間はずっと530キロで推移してプラス8キロ。ちょっと太め残りだった。この中間は520キロで推移しているし、輸送減りする馬だから前走より10キロくらい絞れると思う」とシェイプアップの課程を説明する。

 天皇賞では追い出してからの伸びが、この馬本来のものではなかった。「体が締まって切れ味が出てくれば、いい勝負になる。瞬発力勝負でも見劣りはしませんよ」。510キロを切る馬体なら、昨年の毎日王冠で記録した上がり3F32秒7の豪脚がよみがえるはずだ。 

 2Fの距離延長が鍵だが「得意の府中だし、そんなに心配はしていません」ときっぱり。初体験のスタンド前発走も「偶数枠の5枠10番ならいいところ」と後入れの枠がプラスに働きそうだ。相手関係はさらに強化されるが、上積みは十分。府中巧者が反撃に出る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す