スマートフォン版へ

神戸新聞杯、キングカメハメハ差し切り

  • 2004年09月26日(日) 15時50分
 26日、阪神競馬場で行われた神戸新聞杯(G2、芝2000m)は、安藤勝己騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝150円)キングカメハメハ(牡3、栗東・松田国英厩舎)が後方待機から4角で外に持ち出すと、好位追走していた3番人気ケイアイガードを1.1/4馬身差し切り快勝した。勝ちタイムの1分59秒0(良)はレースレコード。さらに1.1/4差の3着には最後方から直線追い込んだ2番人気ハーツクライが入った。なお、同レースの上位3頭には菊花賞(G1)の優先出走権が与えられる。

 勝ったキングカメハメハは、父Kingmambo母マンファス(その父ラストタイクーン)という血統で、半兄に00年サンタアニタダービー(米G1)を制したザデピュティ The Deputy(牡7、父Petardia)がいる。今回の勝利で、2月のすみれS(OP)から5連勝となり、毎日杯(G3)、NHKマイルC日本ダービー(共にG1)に続き重賞4連勝となった。通算成績は8戦7勝(重賞4勝)。同レースは3年連続で前走が日本ダービー(G1)出走馬の優勝となるが、日本ダービー馬の優勝は初めてとなる。

 鞍上の安藤勝己騎手は同レース初制覇。19日にレクレドールローズS(G2)を制しており、2週連続の重賞制覇となった。なお、20日にはパーソナルラッシュダービーグランプリ(交流G1)を制している。今年は、キングカメハメハでのG1・2勝の他に、アドマイヤドンフェブラリーS(G1)、ツルマルボーイ安田記念(G1)を制すなどJRA重賞9勝目(うちG1・4勝)で、通算29勝目(うちG1・6勝)。管理する松田国英調教師は、00年フサイチソニック(牡7)に続き、同レース2勝目。今年はキングカメハメハでの重賞4勝の他に、ダイワエルシエーロオークス(G1)、クイーンC(G3)を制しており、今年6勝目。通算では32勝(うちG1・6勝)となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す