スマートフォン版へ

ゴットフリート好枠ゲットで厩舎の先輩につづけ/朝日杯FS

  • 2012年12月15日(土) 12時00分
 陣営の思い描いている通りに大一番へ向かう。2枠(3)番を引き当てたゴットフリートに、斎藤師の表情は思わず緩んだ。

「いい枠じゃないですか。(1)番に匹敵するようですね」と明るい声が漏れた。厩舎開業2年目の07年、指揮官はこのレースで初のGIタイトルを獲得。鮮やかな逃走Vを決めたゴスホークケンが(1)番枠だった。最終追い切りのあとには「ゴスホークケンのときは(8分の1の)抽選を通れば自信があった。同じくらい自信があります」とうなずいたほど。今回は6分の5の抽選をクリアと願い通りに事は運んでいる。

 金曜の朝は美浦坂路を軽めに2本。引き続き好気配を漂わせた。「(最終)追い切り後はコズミがあったけど、それはいつも通りのもの。日曜には万全の状態に持っていきますよ」と順調な調整ぶりをアピール。「以前は線が細くて強めの調教ができなかったけど、今はバリバリやれている。一戦一戦成長している」と、充実ぶりは著しい。

 今回は強敵ぞろいのGI。それでも前向きな姿勢を貫き通す。「強い馬がいるので“勝てる”とは言えない。でも、中山のマイルなら太刀打ちできるんじゃないかな」。初戦は好位から、また2戦目は後方から上がり3F32秒6の爆発力で差し切った。「どんな競馬でもできるのがいいし、馬込みでもひるまない勝負根性がある。あとはジョッキーがうまく乗ってくれるでしょう」。最高の“流れ”で、2歳牡馬王者決定戦を迎えられそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す