スマートフォン版へ

記録ずくめのキーンランドセールが終了

  • 2004年09月28日(火) 15時22分
 世界最大のイヤリングセールであるキーンランドセプテンバーセールが現地時間27日閉幕した。13日から1日の休みを挟んで2週間にわたり開催されており、落札合計額、平均価格、中間価格、ともに同セールレコードを記録し、大盛況のうちに幕を閉じた。

 14日間のうち、計3370頭(前年度2968頭)が売却され、落札合計額は昨年の2億7392万5300ドルから18.6%増の3億2490万4300ドル(約360億円)。99年キーンランドノーベンバーブリーディングストックセールで記録した3億1766万6000ドル(3461頭売却)を超え世界最高額を記録した。平均価格は9万6411ドルで、昨年度記録した9万2293ドルを4.5%上回るレコード。また、中間価格も昨年記録した同セールのレコード価格3万4000ドルを8.8%上回る3万7000ドル。売却率は昨年の22.4%から微増の22.7%(前年度比0.4%増)。

 落札額が100万ドルを超えた馬は26頭。落札最高価格は日本の森秀行調教師が落札したWelcome Surpriseの2003(牡、父Storm Cat、母の父Seeking the Gold)で、同セールではレコード、1歳馬としては史上4位となる800万ドル(約8億8000万円)。同馬は、母はドッグウッドS(米G3)勝ち馬で、A.P.Indy(ブリーダーズCクラシック-米G1、父Seattle Slew)、Summer Squall(プリークネスS-米G1、父Storm Bird)の甥にあたる。同調教師は、フサイチペガサス Fusaichi Pegasus(牡7、ケンタッキーダービー-米G1)の甥(母がFusaichi Pegasusの全妹)にあたるBlessの2003(牡、父Storm Cat、母の父Mr.Prospector)を340万ドル(約3億7400万円)、フサイチペガサスの半弟にあたるAngel Feverの2003(牡、父Seeking the Gold、母の父Danzig)を180万ドル(約1億9800万円)で落札している。

 日本関連馬としては、1日目に、ヒシアマゾンの半妹でフェアリーS(G3)を制したヒシナイルの2003(牡、父Awesome Again)が、ラヴィンブラッドストックサービス社によって14万ドル(約1540万円)で落札されたほか、2日目にエリザベス女王杯(G1)を制したヒシアマゾンの2003(牡、父サンダーガルチ)をD.L.O'Byrneが67万5000ドル(約7425万円)で落札している。

 またサンデーサイレンス関連としては、エイシンルーデンス(牝8、チューリップ賞-G3)の全兄エイシンマサムネ(牡10)、従兄にシングスピール Singspiel(ジャパンC-G1)がいるオースチンパワー Austinpower(牡6)2頭の日本産サンデーサイレンス種牡馬の産駒が、エイシンマサムネ産駒は5頭、オースチンパワー産駒は2頭上場される予定だったが、全て欠場となっている。母が日本産サンデーサイレンス産駒であるミリオンギフトの2003(牡、父A.P.Indy)は、マイク・ライアン・エージェントが100万ドル(約1億1000万円)で落札している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す