スマートフォン版へ

ルーラーシップ角居師決断、秘密兵器封印「地力信じる」/有馬記念

  • 2012年12月22日(土) 12時00分
 決戦2日前に決断が下された。ルーラーシップの出遅れ対策として“尾つりロープ”(尾の根っこにロープを通して鞍とつなぐ馬具)を中間のゲート練習では取り入れていたが、レースでは使用しないことが決定した。

 角居師は説明する。「世界中を見渡してもその効果で走った(=レース結果が良かった)という実績がないんです。ゲートがおとなしくても能力を発揮できないのでは意味がない。強い矯正が影響して、走る能力を失うのならやめようという判断になりました」。枠は5枠(9)番と、残念ながら希望する後入れの偶数枠ではなかったが、馬具に頼ることなく馬の“地力”を信頼することをトレーナーは決意した。

 金曜朝は栗東坂路で4F56秒0-41秒2-12秒9を馬なりで計時。輸送前日に追い切り並みの負荷をかけた。「絞る意図ではない。しまいの反応と仕上げを確認したいということです。担当者もいい感触をつかんでいた」と山田助手は話す。土曜の雨予報にも「ウチのは雨も得意」と不安がないことを強調した。

「ゲートがライバル」。そう話す角居師はただ指をくわえてゲートインまで待つ心境ではないようだ。「(レース当日は)ゲート裏まで行きます。尻を触るぐらいですかね。中でどういう格好をするか。それによって変わってくると思いますが、見て決めたい。やれることは何でもしておきたいから」。仕上げが万全なら、力も上。あとは人事を尽くして天命を待つ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す