スマートフォン版へ

やったぜ熊沢!マーベラスカイザーで悲願の大障害制覇/中山大障害

  • 2012年12月22日(土) 15時13分
 22日、中山競馬場で行われた、暮れの名物ジャンプ競走・中山大障害(3歳上、J.GI・障害4100m)は、レース序盤では先団争を見ながらの5.6番手に付けていた熊沢重文騎手騎乗の3番人気マーベラスカイザー(牡4、栗東・柴田政見厩舎)が、4コーナーで最終障害を飛越しながら先頭に立つと、その後も脚色衰えることなく押し切って、中団待機からゴール前で脚を伸ばした2番人気バアゼルリバー(牡6、栗東・松田博資厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは4分48秒8(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に、伸び脚今一つに終わった1番人気マジェスティバイオ(牡5、美浦・田中剛厩舎)が入った。なお、出走15頭は全馬無事にゴール板を駆け抜けている。

 6番ナリタシャトル(牡7、栗東・小野幸治厩舎)は競走除外。

 勝ったマーベラスカイザーは、父マーベラスサンデー母マーベラスウーマンその父Woodmanという血統。休み明けの前走では勝ちから0.8秒差の3着に敗れていたが、叩き2走目の大障害で見事な良化を披露して、嬉しい重賞初制覇。

 騎乗していた熊沢重文騎手は、過去に1991年有馬記念など平地重賞を16勝、障害重賞11勝を挙げている競馬界が誇る「二刀流ジョッキー」で、デビュー27年目44歳の冬。遂に悲願の中山大障害制覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
マーベラスカイザー(牡4)
騎手:熊沢重文
厩舎:栗東・柴田政見
父:マーベラスサンデー
母:マーベラスウーマン
母父:Woodman
馬主:笹原貞生
生産者:松田牧場
成績:19勝5勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す