スマートフォン版へ

天才少女ジョワドヴィーヴル動き軽快、復帰も万全/京都記念

  • 2013年02月08日(金) 12時00分
 帰初戦に向けて態勢は整った。ジョワドヴィーヴルは栗東CWを単走。道中はじっくりと折り合い、直線で合図を送られると反応良くひと伸び。6F86秒7−39秒5−11秒8を計時した。福永は「使っていたころに比べるともの足りなさはあるが、イメージ通りの追い切りができた」と最終デモの内容に及第点。「競走馬なんで、飾っておくわけにはいかないから」と独特の言い回しで意欲をアピールした。

 昨年の桜花賞6着後に右後肢を骨折。10か月のブランクを余儀なくされたものの、肉体的にも精神的にも成長を遂げて戻ってきた。松田博師は「筋肉がついたし、気性もどっしりとしてきた。千六は忙しいから、長い距離の方がいいとは思う。やってみないと分からんが、楽しみは楽しみ」と期待をのぞかせた。史上最少キャリアで2歳女王となった逸材が、再び常識を覆す走りを見せつけるか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す