スマートフォン版へ

イジゲン動き絶好、新コンビベリーが絶賛/フェブラリーS

  • 2013年02月15日(金) 12時00分
 芦毛の馬体が美浦Wではじけた。GI初制覇を狙うイジゲンが併せ馬で迫力のあるパフォーマンスを披露した。シュガーパイン(3歳新馬)を5Fから追撃して直線で内に潜り込み、ラスト1Fで追い出されると1馬身の先着。5F68秒6-38秒3-12秒8を記録した。

 今回がコンビ初結成となるベリーは、調教に騎乗したのもこの日が初めて。「すごく満足」と満面の笑みを浮かべた。追い切りの内容についても「動きはすごく良かったし、乗っていて気持ちが良かった。精神的にも肉体的にもトップコンディションにある」と絶賛し確かな手応えをつかむ。

 問題はゲートだ。3走前の秋嶺Sこそ好ダッシュから逃げ切りVを飾ったが、この一戦を除くとほぼ毎回のようにスタートで出遅れている。前走のJCダート(15着)もあおって出てしまった。

 堀師は「前走まではゲート内で落ち着かせるようにしてきたが、発馬のストレスで暴れることから、そちらの矯正に努めた」と、中間から調整方法を変えたという。枠内で我慢をさせるのではなく、ゲートに対する恐怖心そのものをなくすことに主眼を置き、鋭意練習を重ねてきた。この日も追い切り後に南馬場でゲート練習を敢行。成果については「一歩前進している」と上々の感触だ。

 ベリーは「これまで(自身は)GIで2着ばかり。勝ちたいという気持ちは強い」と意欲を見せる。10年朝日杯FSリアルインパクト、11年天皇賞・秋ダークシャドウではともに銀メダルと涙をのんだ。ただ今年に入ってからはAJCC(ダノンバラード)、京成杯(フェイムゲーム)で重賞連覇を達成と勢いがある。堀厩舎の大器にも初のビッグタイトルをプレゼントするつもりだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す