スマートフォン版へ

リアルインパクト弾丸ダッシュ、新調整法で上昇/中山記念

  • 2013年02月22日(金) 12時00分
 本来の力強さが戻ってきた。美浦Wで最終追い切りを敢行したリアルインパクト。僚馬シュガーパイン(3歳新馬)を1馬身前に見ながらスタートし、誘導ミサイルのように直後を追走する。直線入り口では内に進路を取り、馬体を合わせながらゴールを駆け抜けた。

 4F53秒3-37秒8-12秒5。抜群の手応え、迫力のあるフットワークからは確かな上昇ぶりが伝わってくる。「半マイルから1F15秒で進み、3Fでペースを上げる。そして直線はサッと追う感じ。ええ、動きはいいですよ」。調教メニューを解説した橋本助手は、内容に合格点を与えた。

 不振から脱却するため、今年は調整方法に変化を加えている。「フレッシュな状態を保ちたい。使いながら上向けばいいかなと。だから目いっぱいにやっていません」。精神的なゆとりを持たせつつ、実戦を重ねて馬体を仕上げていくのが狙いだ。前走・東京新聞杯(11着)の馬体重20キロ増は想定内。「目方は大きく変わっていないけど中身は違う」ともくろみ通りに気配は上向いている。

 叩き2走目で反撃態勢は整った。中山記念は昨年3着に好走した一戦。「無難に走っていた。脚質的にも合っている」と先行力を生かせるコース形態は歓迎だ。11年安田記念を最後に遠ざかっている勝利を目指し、計画的に調整を進めてきた成果がいよいよ現れる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す