スマートフォン版へ

デューハーストS、シャマーダル無敗で制覇

  • 2004年10月17日(日) 11時49分
 現地時間16日、英・ニューマーケット競馬場で行われたデューハーストS(2歳、英G1・芝7f)は、K.ダーレイ騎手騎乗の2番人気シャマーダル Shamardal(牡2、英、M.ジョンストン厩舎)が、好スタートから先頭に立つと、前走・仏グランクリテリウム(仏G1)を制したオラトリオ Oratorioに2.1/2馬身差をつけて逃げ切った。勝ちタイム1分27秒1(重)。さらクビ差の3着に前々走リッチモンドS(英G2)勝ちのモンゴメリーズアーチ Montgomery's Archが入った。1番人気に支持されたエトラーラ Etlaalaは8着、ラシアンリズム Russian Rhythm(牝4、父Kingmambo、英1000ギニー-G1)の半弟で、前走ロイヤルロッジS(英G2)を制したパーフェクトパフォーマンス Perfectperformanceは7着に敗れた。

 勝ったシャマーダルは、父が今年の新種牡馬ジャイアンツコーズウェイ Giant's Causeway母Helsinki(その父Machiavellian)という血統。叔父が02年ドバイワールドC(首G1・ダート2000m)などを制したストリートクライ Street Cry(牡6、父Machiavellian)で、祖母ヘレンストリート Helen Street(父Troy)は85年の愛オークス(愛G1)勝ち馬になる。7月12日、英・エア競馬場で行われたメイドン(未勝利)レース(芝6f)を2着に8馬身差をつける圧勝。続くヴィンティジS(英G2)も2着に2.1/2馬身差をつける快勝で初重賞制覇を飾っていた。通算成績3戦3勝(G1・1勝)。なお、同じく16日にニューマーケット競馬場で行われたロックフェルS(2歳牝、英G2・芝7f)も、ジャイアンツコーズウェイ産駒メイズコーズウェイ Maids Causeway(牝2、英・B・ヒルズ厩舎)が制した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す