スマートフォン版へ

オメガハートランドに高まる期待感/中山牝馬S

  • 2013年03月08日(金) 12時00分
 一発ムードが漂う攻め気配だ。オメガハートランドが美浦Wでビシッと気合をつけられた。キングレオポルド(6歳オープン)との併せ馬は、直線入り口で外に持ち出されて2馬身先着。スタート時に2馬身先行していたとはいえ、調教駆けする僚馬を相手にここまで動ければ立派と言える。4F52秒9-38秒4-12秒9のタイムに、橋本助手も笑顔で合格点を与えた。「予定通り4Fから強めに。しまいまでしっかり走っていた。良かったと思います」。前走のニューイヤーSは6着に敗れたが「牡馬相手に頑張った。以前は調教でも動かない時期があったけど、今は動きが違ってきている」とうなずく。今回の中山芝1800mは、昨年のフラワーCを快勝した舞台。「あまり時計の速い決着だと不安もありますが、道中でうまくためて行ければ」と、高まる期待感をその口調ににじませていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す