スマートフォン版へ

ゴールドシップ、イメージ通りの仕上がり/阪神大賞典

  • 2013年03月14日(木) 12時00分
 ゴールドシップは地下馬道から勢い良く栗東CWに飛び出すと、いきなり猛ダッシュ。レースの本馬場入場と同じく、やんちゃな一面をのぞかせた。なだめられてすぐに落ち着きを取り戻すと、タイセイモンスター(4歳1000万下)の3馬身半後方から最終追い切りがスタートした。

 向正面では、馬場入り直後に見せた激しい一面がうそのように、じっくりと僚馬を追走。3コーナー手前から外を回りながら徐々にスピードを上げ、4角では早くも並びかけた。直線で右肩にムチが2発入ると、さらに1段ギアを上げて豪快な伸びを披露。6F79秒1-37秒4-12秒0で貫禄の3馬身先着を決めた。須貝師は「気が緩むところがあるので、しまいは気合をつけるように指示した。イメージ通りの仕上がり」と納得の表情を浮かべていた。

 古馬になって肉体はさらにパワーアップした。胸前は筋肉で盛り上がり、はち切れんばかりのボリューム。「有馬記念で今のような体へとつくり替えたが、それがようやく本物になってきたね」と自信を見せる。昨年は皐月賞菊花賞のクラシック2冠に加え、古馬との初対決となった有馬記念を快勝。厳しい戦いで得た経験を自らの血肉に変え、一歩ずつ完成の域に近づきつつある。

 4冠目を狙う天皇賞・春に向け、指揮官は「あくまでも今回は前哨戦だが、そうは言っても、ここも落とせない気持ちはある」と言い切る。勝って本番へ、そしてジェンティルドンナオルフェーヴルとの“3強対決”の期待が集まる宝塚記念(6月23日・阪神)へ。21世紀の芦毛の怪物伝説第2章がここで幕を開ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す