スマートフォン版へ

絶対王者を証明!ロードカナロア、一気の伸び脚でレコードV/高松宮記念

  • 2013年03月24日(日) 19時00分
 24日、中京競馬場で春のスプリント王決定戦・高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)が行われ、道中は中団で待機していた岩田康誠騎手騎乗で単勝1.3倍の圧倒的な1番人気のロードカナロア(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が楽な手応えのまま4コーナーを通過。直線に向いては、坂を駆け上がりながらの残り300mで前が開いて追い出されると、自慢の末脚が一気に爆発し、前半3F34秒3とマイペースの逃げに持ち込んで粘り込みを図った10番人気ハクサンムーン(牡4、栗東・西園正都厩舎)を、残り80mで外から一気に捕らえて差し切り、2着以下に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイム1分8秒1(良)は、新装中京芝1200mのレコードタイム。

 ゴール前で2頭が鼻面を揃えて入線した2着争いは、後方待機策からゴール前で追い込んだ2番人気ドリームバレンチノ(牡6、栗東・加用正厩舎)が僅かに捕らえて先着し、逃げて見せ場を作ったハクサンムーンは及ばずの3着。

 続く4着は、好位追走から直線ではやや脚色が鈍った4番人気サクラゴスペル(牡5、美浦・尾関知人厩舎)、5着は6番人気ダッシャーゴーゴー(牡6、栗東・安田隆行厩舎)の順で確定。

 なお、3番人気サンカルロ(牡7、美浦・大久保洋吉厩舎)は出遅れも響いたのか、見せ場なく9着に敗れている。

 勝ったロードカナロアは、父キングカメハメハ母レディブラッサムその父Storm Catという血統。昨秋のスプリンターズSでGI初制覇を飾り、続く香港スプリントでは世界を相手に自慢の豪脚で突き抜けた2012年の最優秀短距離馬が、過去14戦して唯一連対を外した形にあった中京芝1200mの舞台で、「絶対王者」を証明する堂々の差し切り勝ちを披露。重賞4連勝をあっさりと決め、国内外のスプリントGI3連覇を難なく達成。通算10勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
ロードカナロア(牡5)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・安田隆行
父:キングカメハメハ
母:レディブラッサム
母父:Storm Cat
馬主:ロードホースクラブ
生産者:ケイアイファーム
通算成績:15戦10勝(海外1戦1勝、重賞6勝)
主な勝ち鞍:2012年スプリンターズS(GI)、香港スプリント(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す