スマートフォン版へ

エバーブロッサムの最終追い切り、戸崎も手応え/フローラS

  • 2013年04月19日(金) 12時00分
 自慢の末脚をさく裂させる態勢が整った。エバーブロッサムの攻め気配は申し分ない。最終追い切りは美浦Wでラルゴスパーダ(3歳未勝利)と併せ馬を行い、最後まで馬なりのまま余力たっぷりに併入。4F53秒5-39秒3-13秒0を記録した。実際の数字以上にスピード感のある動きに、手綱を取った戸崎圭も確かな手応えを感じ取る。

「ずっと楽でしたし、いい状態をキープしていますね」。今年3月にJRAへ移籍して以降、先週までに早くも27勝を挙げているが、重賞Vにはまだ手が届いていない。最も惜しかったのは「あと1センチ、ゴールが先なら勝っていた」という、この馬でのフラワーC(2着)だ。「前走はしっかり走ってくれたので、今回もいい結果を期待したいですね」と意気込む。

 厩舎のスポークスマンを務める、橋本助手の感触も良好だ。「いつも通り4Fから。しまいの反応が良かった。馬体に張りが出て、新馬戦のころと比べると雲泥の差がある。競馬も3回走って慣れてきたようですね」と成長ぶりに目を細める。

 登録のあった2週前の桜花賞は結果的に賞金不足で除外された形だが、陣営は当初から、このトライアルへと照準をピタリと定めていた。鞍上も「ゆったり行ける分、府中は向いていると思います。距離が2000mに延びても大丈夫。しまいはしっかり伸びるので、能力を出し切りたいですね」と自信の表情だ。いかにもディープインパクト産駒らしい瞬発力は、直線の長い東京コースでより生きるに違いない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す