スマートフォン版へ

JBCスプリント、マイネルセレクト快勝

  • 2004年11月03日(水) 19時34分
 3日、大井競馬場で行われたJBCスプリント(3歳上、交流G1・ダート1200m、1着賞金8000万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気マイネルセレクト(牡5、栗東・中村均厩舎)が、好位追走から早めに抜け出すと、同じく好位から追い込んだ2番人気アグネスウイングに2.1/2馬身差を付けて優勝した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。さらにアタマ差の3着には内をついた4番人気サニングデールが入り、3番人気に支持されたヒカリジルコニアはスタートで大きく出遅れて7着に敗れた。

 勝ったマイネルセレクトは、父フォーティナイナー母ウメノアスコット(その父ラッキーソブリン)という血統で、祖母はエリザベス女王杯を制したハギノトップレディ。01年10月のデビュー戦(福島・ダート1000m)をいきなり6馬身差で圧勝。その後長期休養を挟みながら2勝を挙げ、北陸S、BSN賞(共にOP)と連勝して臨んだ03年シリウスS(G3)で重賞初制覇。続くJBCスプリント(交流G1)ではサウスヴィグラスの2着に惜敗したものの、翌年1月のガーネットS(G3)を制し重賞2勝目を挙げる。3月にはドバイゴールデンシャヒーン(首G1)に出走したが、5着に敗退。ドバイ遠征以来となったさきたま杯(交流G3)も6着に敗れるが、前走東京盃(交流G2)では2着に1.1/2馬身差を付けて快勝、重賞3勝目を挙げていた。通算成績16戦9勝(うち重賞4勝)。鞍上の武豊騎手、管理する中村均調教師共にJBCスプリント初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す