スマートフォン版へ

キサスキサスキサス、連対記録途切れる

  • 2004年11月10日(水) 16時49分
 10日、荒尾競馬場で行われた火の国賞(ダート1900m、1着賞金40万円)に、33戦連続連対中のキサスキサスキサス(牝6、荒尾・伊豆嘉一厩舎)が出走した。牧野孝光騎手騎乗の1番人気に支持され、道中3番手追走からレースを進めるが、直線で失速し6着に敗れた。勝ったのは尾林幸彦騎手騎乗の2番人気キンシストーン(牡7、荒尾・佐伯茂樹厩舎)。

 キサスキサスキサスは、父シアトルダンサーII母アビームバンブー(その父モーニングフローリック)という血統。5月11日のりんどう賞で2着に敗れ、デビュー4戦目からの連勝が24でストップしたものの、その後も連対を続け、前走・九州記念まで33戦連続連対を記録、トウケイニセイが持つ日本記録41にあと8と迫っていた。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す