スマートフォン版へ

レッドオーヴァルは雨予報も不安なし/オークス

  • 2013年05月18日(土) 12時00分
 好条件が整った。輸送を翌日に控えた金曜朝、レッドオーヴァルは角馬場でじっくり体をほぐした。「順調ですよ。冬毛が抜けて桜花賞時よりも状態が良くなっている」。安田師の笑顔が仕上がりの良さを伝える。桜花賞はラスト100mでいったんアユサンを交わしたが、ゴール前で差し返されて首差の惜敗。1冠を取り逃がしたが、改めて世代トップクラスの力を誇示した。さらに状態を上げて挑むオークスは負けられない戦いとなる。

 枠は最内の1枠(1)番。C・デムーロがVへ向けたレースをシミュレーションする。「(18)番よりはいい。後ろの方から徐々に上がっていく競馬をイメージしている。折り合いは気にしていないよ。気になる馬?アユサンデニムアンドルビーかな」。自身が勝利に導いた桜花賞馬とトライアル快勝の上り馬をターゲットに挙げ、ライバル17頭を封じる策を練る。

 トレーナーも「この枠なら前に壁もできるだろうし」と最内枠を歓迎する。当日は雨予報だが、重馬場だった紅梅Sを快勝しており、「道悪は(紅梅Sで騎乗していた)ルメールが“へっちゃら”って言っていたから」と胸を張った。

 最高の出来に加えて、枠順、道悪も不安はない。「距離はやってみないとわからないけど、3歳の牝馬同士なら状態がいい馬が結果を出すんじゃない?」。充実一途の桜2着馬は、リベンジへの確かな手応えを得ている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す