スマートフォン版へ

エピファネイアは“ダービー仕様”の仕上げでいざ本番へ/ダービー

  • 2013年05月25日(土) 12時00分
 前半の遅いラップにもエピファネイアは掛かることなく、栗東坂路を素軽い脚取りで駆け上がった。2Fを過ぎたあたりからハミを取って“その気”になったが、手綱でコントロールが利くレベル。ラスト2Fを14秒3-14秒4という理想的なラップでまとめて決戦前々日の調整を完了した。

 引き揚げてきた様子を確認した角居師は「追い切り後も変わらず順調にきています」と笑顔を見せる。弥生賞皐月賞とここ2走はともに折り合いを欠く場面があったことから、この中間は調整方法を工夫。あえてハミをかませて我慢させる調教を積んできた成果が、水曜の追い切りや金曜の動きからも見て取れた。

 テンションが上がらないように、2週前と1週前に栗東CWで長めから速い時計を出し、今週は馬なりの調整にとどめたのも予定通り。最終追い切りだけを取れば軽めに映るが「調教での負荷のかけ方が今までとは違います。これまでで一番攻めました」と鈴木助手が話すように“ダービー仕様”の仕上げを施した。

 前2走は外枠で前に壁をつくれなかった。だが今回は5枠(9)番。「この枠ならうまく馬込みに潜り込めそう」とトレーナーはうなずく。皐月賞が2着、また昨年のラジオNIKKEI杯2歳Sでは最速上がりでキズナを完封したように、能力は世代でもトップレベルだ。あとは本番でも折り合えれば、05年のオークスを制したシーザリオとの史上6頭目となる母子クラシックVが見えてくる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す