スマートフォン版へ

交流重賞ウィナー、メトロノースが4年8か月ぶり重賞制覇/九千部山賞・佐賀

  • 2013年06月02日(日) 18時50分
 2日、佐賀競馬場で第1回九千部山賞(3歳上・ダ1400m・1着賞金80万円)が行われ、好ダッシュを決めて道中は2番手を追走していた吉田順治騎手騎乗の2番人気メトロノース(牡7、佐賀・大垣敏夫厩舎)が、3コーナーあたりで楽に先頭へと並びかけると、4コーナーでは完全に抜け出し、中団待機策から徐々に脚を伸ばした6番人気キンバーライト(牡7、佐賀・浜田一夫厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒3(不良)。

 さらに2馬身差の3着に、8番人気ホーマンルッツ(牡5、佐賀・川田孝好厩舎)が入った。なお、1番人気コルムケーティー(牝7、佐賀・川田孝好厩舎)は見せ場なく7着、3番人気エーシンパナギア(牝5、佐賀・川田孝好厩舎)は最下位9着に沈んだ。

 勝ったメトロノースは、父アドマイヤコジーン、母マンハッタン、その父アフリートという血統。2008年、デビュー3戦目の北海道2歳優駿(GIII-門別)を5馬身差の圧勝で制し、翌年のユニコーンSでも6着と健闘。古馬になってからは、1600万下に在籍して競走生活を送ったが、この春から佐賀へと転厩して当地の2走目のここで4年8か月ぶり2度目の重賞制覇。交流重賞ウィナーが復活の走りを見せて、通算4勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
メトロノース(牡7)
騎手:吉田順治
厩舎:佐賀・大垣敏夫
父:アドマイヤコジーン
母:マンハッタン
母父:アフリート
馬主:下妻正次郎
生産者:ノーザンファーム
通算成績:30戦4勝(JRA26戦2勝、重賞2勝)
主な勝ち鞍:2008年北海道2歳優駿(GIII-門別)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す