スマートフォン版へ

ウィジャボード、欧州年度代表馬に輝く

  • 2004年11月18日(木) 11時38分
 現地時間17日、英・ロンドンで、欧州年度代表馬を決定する第14回カルティエ賞授賞式が行われた。本年度の年度代表馬に輝いたのは、英・愛オークス(英G1、愛G1)連覇、BCフィリーアンドメアターフ(米G1)制覇とG1・3勝を挙げ、凱旋門賞(仏G1)でも3着したウィジャボード Ouija Board(牝3、英・E.ダンロップ厩舎)。ウィジャボードエリザベス女王杯(G1)、ジャパンC(G1)と共に選出されるも辞退、年内は休養となっている。なお、ウィジャボード年度代表馬に加え、最優秀3歳牝馬にも輝いている。

 他の受賞馬としては、凱旋門賞(仏G1)を始め、ジャンプラ賞(仏G1)、パリ大賞典(仏G1)と今年G1・3勝を挙げたバゴ Bago(牡3、仏・J.ピース厩舎)が最優秀3歳牡馬に、サセックスS(英G1)など今年G1・3勝のソヴィエトソング Soviet Song(牝4、英・J.ファンショウ厩舎)が最優秀古馬に選ばれている。

 また最優秀2歳牡馬は、新種牡馬Giant's Causeway産駒で、3戦全勝でデューハーストS(英G1)を制したシャマーダル Shamardal(牡2、英・M.ジョンストン厩舎)が、最優秀2歳牝馬は、モルニ賞(仏G1)、マルセルブサック賞(仏G1)を5戦全勝で制したディヴァインプロポーション Divine Proportions(牝2、仏・P.バリー厩舎)が、最優秀スプリンターは、モーリスドギース賞(仏G1)、フォレ賞(仏G1)と今年G1・2勝を挙げたソムナス Somnus(セン4、英・T.イースターバイ厩舎)が、最優秀ステイヤーは、カドラン賞(仏G1)、ロワイヤルオーク賞(仏G1)を共に連覇したウエスターナー Westerner(牡5、仏・E.ルルーシュ厩舎)が、それぞれ受賞している。本年度の受賞馬は以下の通り。

【2004年カルティエ賞受賞馬】()内は性齢、父馬名、主な勝ち鞍

年度代表馬最優秀3歳牝馬
ウィジャボード Ouija Board
(牝3、父Cape Cross、英・愛オークス、BCフィリーアンドメアターフ)

最優秀2歳牡馬
シャマーダル Shamardal
(牡2、父Giant's Causeway、デューハーストS)

最優秀2歳牝馬
ディヴァインプロポーション Divine Proportions
(牝2、父Kingmambo、モルニ賞、マルセルブサック賞)

最優秀3歳牡馬
バゴ Bago
(牡3、父Nashwan、ジャンプラ賞、パリ大賞典、凱旋門賞)

・最優秀古馬
ソヴィエトソング Soviet Song
(牝4、父MarjuファルマスS、サセックスS、メイトロンS)

・最優秀スプリンター
ソムナス Somnus
(セン4、父Pivotalモーリスドギース賞、フォレ賞)

・最優秀ステイヤー
ウエスターナー Westerner
(牡5、父デインヒル、カドラン賞、ロワイヤルオーク賞)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す