スマートフォン版へ

ドリームバレンチノの松山は連覇に向け全力投球/函館スプリントS

  • 2013年06月13日(木) 12時00分
 主戦の松山を背にドリームバレンチノが函館Wで軽快な動きを見せた。終始馬なりだったため、5F72秒3-39秒6-12秒4と時計こそ目立たないが、ゴール前まで力強いフットワークで迫力満点。「きょうは無理をしないで反応を確かめた。とてもいい動きだった」と鞍上は笑顔で引き揚げてきた。

 5日に栗東坂路で時計を出し、8日に函館競馬場に入厩。狙うは函館スプリントS2連覇だ。昨年はロードカナロアを下す大金星を挙げた。牧野助手は「あの当時は使われながら調子を上げてきたが、今は自分でレースに向けて気持ちを高めているようだ」と成長に目を細める。

 前走の高松宮記念は勝ったロードカナロアにコンマ2秒差の2着。松山は「昨年まではゲートに課題があったが、今は全く問題ない。いつもしまいは必ず伸びてくるから、やはり能力の高い馬。秋にまた戦うためには、ここで負けるわけにはいかない」と力を込める。

 今回は別定戦で59キロを背負う。昨年の函館スプリントSを56キロで勝ったことを考えれば楽な斤量ではない。今年のメンバーでは実績的に抜けた存在だが、不安材料があるとすればこの一点に尽きる。

 松山は言う。「2走前のシルクロードSを58キロで勝っている。それほど斤量泣きするタイプではないと思っている」。さらに「騎手として、この馬に育ててもらったという思いは強い。能力を最大限、引き出せるよう頑張る」ときっぱり。連覇に向けて全力投球の構えだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す