スマートフォン版へ

ユニバーサルバンクなど、七夕賞栗東最終調整速報/栗東トレセンニュース

  • 2013年07月05日(金) 12時01分
 ユニバーサルバンク(栗東・松田博資厩舎)は、Dコースのポリトラック馬場に入って、2周のキャンター。2周目は6F標識から、16.2〜16.4秒というラップで進め、後半4Fは徐々にペースアップ。4F58.9〜3F43.2〜1F13.2秒と終いをしっかり伸ばす形。折り合いがついた状態で、次第に加速していく走りを見ていると、まさに絶好調といった感じ。

 エクスペディション(栗東・石坂正厩舎)は坂路馬場でのキャンターを1本。4F65.9〜1F15.4秒で、特に変わりなく、順調といった感じ。

 海外遠征帰りになる、トレイルブレイザー(栗東・池江泰寿厩舎)も坂路馬場でのキャンター。ゴール前はしっかりと伸びて、1F14.6秒を計時。3日の追い切り時には動きが重く映ったが、あのひと追いで、動きやすい状態になったのかも知れない。

 調教時間も終盤にトラック調教馬場へ入っていったサトノパンサー(栗東・南井克巳厩舎)。角馬場で体をほぐした後、Dコースのポリトラック馬場に入って、2周のキャンター。2周目の6F標識からは、1F17秒後半の遅いキャンターだったが、折り合いを欠くようなところは全くない。最後の直線はしっかりと手前を替え、ゴール100m手前でハミをとって加速。時計はラスト1Fだけ14.2秒という数字。ゴール板を過ぎてからも少し時計になっているが、微調整としては、抜群の反応を見せていた。(取材・写真:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す