スマートフォン版へ

モノが違う!7馬身差圧勝でクリソライトがGI制覇/ジャパンダートダービー

  • 2013年07月10日(水) 20時19分
 10日、大井競馬場で3歳世代のダート王決定戦・第15回ジャパンダートダービー(GI・3歳・ダ2000m・1着賞金4500万円)が行われ、道中は先頭から差のない4〜5番手を追走していた内田博幸騎手騎乗の1番人気クリソライト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が、絶好の手応えのままで4コーナーを回ると、直線に向いて残り300mで後続を一気に突き放して独走状態となり、中団待機策からゴール前で2着に浮上した2番人気エーシンゴールド(牡3、栗東・野中賢二厩舎)に、最後は7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分4秒8(良)。

 さらにハナ差の3着に、3〜4コーナーで外目から一気に動いて見せ場を作った5番人気ケイアイレオーネ(牡3、栗東・西浦勝一厩舎)が入った。その後ろ、3.1/2馬身差の4着に8番人気インサイドザパーク(牡3、船橋・林正人厩舎)、ハナ差遅れて3番人気ベストウォーリア(牡3、栗東・石坂正厩舎)の順で、掲示板は確定。

 勝ったクリソライトは、父ゴールドアリュール母クリソプレーズその父エルコンドルパサーという血統。昨年7月7日のデビュー戦(中京ダート1400m)から、前走までの8走は全て2着以内と連対記録を続けながら挑んだここは、無理なく好位の直後を追走すると、4コーナーでの痺れる手応えから最後は世代のダート巧者を子供扱いにして7馬身差独走V。重賞初挑戦も何のその。「モノの違い」をまざまざと見せつけて、嬉しいGI制覇を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
クリソライト(牡3)
騎手:内田博幸
厩舎:栗東・音無秀孝
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:9勝4勝(JRA8戦3勝、重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す