スマートフォン版へ

ドナウブルーは食欲旺盛「やせるよりずっといいけどね」/中京記念

  • 2013年07月18日(木) 12時00分
 1週前追いで、先週の関ケ原Sを快勝したニューダイナスティを圧倒したドナウブルー。並みの牝馬なら直前はセーブという流れだろう。しかし、昨年のマイルCS3着、前走ヴィクトリアマイル5着の逸材は違う。石坂師は井上助手に「加減せずにしっかり追うように」と指示した。

 テーマはずばり重め脱出。春までは馬体を細化させないことに腐心したのが、今季は絞り込むことに苦心している。カイバ食いが旺盛になり、それが身に付く。「やせるよりずっといいけどね」と苦笑いの師。

 追い切りは満足させるに十分の内容だった。栗東坂路でアルバタックス(3歳1000万下)と併走。井上助手が手綱を押すたびにグイグイ伸びた。一気に2馬身抜け出し、4F52秒0-37秒9-12秒2を計測した。

「1週前が馬なりみたいなものでしたから、けさはしっかりと負荷を掛けられて良かったです。もたれる癖も出さず、追ってすぐに反応してくれました」と仕上げ人は心地良さそうに汗をぬぐった。

 先週末の時点で450キロ、休養直前のヴィクトリアマイルと比較して20キロ増。「関東に輸送すると減るから430キロになったんだ。今度は地元だから440キロ台でしょ。当日に太めを残すことはないよ」と宣言した。

 今回は昨年8月の関屋記念をレコード勝ちした状況と重なる。左回りのマイル戦でコンビは内田博。違いは負担重量が当時の54キロから56キロに増えることだが「そりゃ実績から仕方ないね」と石坂師は最後まで前向きの言葉を重ねた。今夏も存在感を見せつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す