スマートフォン版へ

種牡馬ピットカーン死亡

  • 2004年12月03日(金) 23時21分
 3日、栃木県日本軽種馬協会那須種馬場で余生を過ごしていたピットカーン(牡33)が、老衰のため死亡した。

 ピットカーンは、父Petingo母Border Bounty(その父バウンティアス)という血統。甥にアセッサー Assessor(父Niniski、ロイヤルオーク賞-仏G1)、姪にチェンマイ Chiang Mai(父Sadler's Wells、ブランドフォードS-愛G3)がいる。

 現役時はブルーリバンドトライアルS(英G3)、ハンガーフォードS(英G3)などを制し、通算15戦5勝の成績で種牡馬入り。初年度産駒からエラマナムー Ela-Mana-Mou(キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS-英G1)、2年目にはカーンルージュ Cairn Rouge(愛1000ギニー-愛G1)を輩出し、英・愛のチャンピオンサイアーに輝いた。79年に輸入されると、大物こそ出せなかったが、カネクロシオ(ステイヤーズS)、ソウシンホウジュ(エプソムC)、サザンビーナス(函館3歳S)などを出し、母の父としてはタヤスアゲイン(父サンデーサイレンス青葉賞-G3)などを輩出した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す