スマートフォン版へ

パドトロワの最終リハに鮫島師「今年も本当に状態はいいよ」/アイビスSD

  • 2013年07月25日(木) 12時00分
 パドトロワの最終リハは、ハロー明けの函館ダートで単走。勝浦を背に姿を見せると、序盤はゆったりとしたペースで、整地された馬場に蹄跡を刻んでいく。向正面で少しスピードを上げたが、手綱は引っ張ったまま。直線に入っても鞍上の手は動くことなく、6F86秒0-41秒3-14秒2と馬なりでフィニッシュした。

 追い切りと呼ぶには、かなりソフトな内容となったが、勝浦は「日曜日が思ったより激しいケイコになりましたからね」と意図を説明。21日に函館ダートで5F65秒6の好時計をマーク。また、25日には約半日かけて新潟までの長距離輸送が控えており、馬体への負担を考慮した。中間の乗り込みは十分で「自信を持って挑める感じです。この馬の力は出せそう」と手応えをつかんでいる。

 見届けた鮫島師は「今年も本当に状態はいいよ」と納得の表情を浮かべた。前走は12キロ増の536キロ。シェイプアップを図るため、追い切りの前後には厩舎周辺で合計約2時間のウォーキングも行った。「腹回りが締まってきた。体力もついてきたよ」と状態面の上積みは大きい。

 荒れたウッドチップの影響ではれていた脚も16日以降、ダート中心の調整に切り替えて順調に回復。斤量59キロの克服が鍵となるが、指揮官は「58キロもこなしたし、何とかなると思っている」と前を向く。連覇を果たせば、2年連続のサマースプリントシリーズ制覇に大きく前進する。「状態に関しては心配するところは何もない。楽しみしかない」。気合十分の勝浦に導かれ、今年も夏の短距離王へ突き進む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す