スマートフォン版へ

ドナウブルーの石坂師「上積みこそあっても“下積み”はない」/関屋記念

  • 2013年08月08日(木) 12時00分
 ドナウブルーの最終リハは、カーマイン(5歳1000万下)との併せ馬。テンはゆったりしたスピードで入ると、僚馬を“ペースメーカー”にして徐々にピッチを上げる。ラスト1Fのハロン棒を合図に手綱がしごかれると、瞬時に反応。パートナーを一瞬にして置き去りにし、4F53秒3-38秒8-12秒5で2馬身先着を決めた。

 見届けた石坂師は「あまり強い調教はしたくなかったし、(攻め馬の)時計が出ない馬と併せた。これでいいと思います。順調に来ています」と合格点を与える。安田記念10着から約2カ月ぶりだった昨年とは違い、今年は中京記念4着からの中2週という臨戦過程。既に馬も戦闘モードに入っており、「上積みこそあっても“下積み”はない」と実戦を使った効果を強調した。

 担当の杉山助手も「カイバも食べているし、体の維持もできている。ちょうどいいくらいの体で出られそう」と胸を張る。前走が過去最高体重となる442キロだったが、レース翌週には444キロに回復。1週前追い切り後もその数字をキープしており、昨年V時の438キロと変わりない体つきでレースに臨めそうだ。「前走で負けたメンバーをねじ伏せてほしい。具合は良さそうだし、あとはジョッキーに全てを任せたい」と力が入る。

 56キロを背負ったハンデ戦から別定戦に変わり、斤量が減るのも追い風だ。指揮官も「一番大きいのは54キロに変わること」と歓迎する。牝馬初の関屋記念連覇となれば、逆転でのサマーマイルシリーズ制覇も視野に入るが「まずはいい競馬をしないことには」と気を引き締める。昨年レコードVを決めた越後の8F戦。それ以来の勝利で夏のマイルチャンプへと大きく前進する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す