スマートフォン版へ

重賞2勝のヤマニンアラバスタが死亡、星野師『本当に思い入れがある馬』

  • 2013年08月27日(火) 18時35分
 2005年の新潟記念(GIII・芝2000m)、府中牝馬S(GIII・芝1800m)に優勝したヤマニンアラバスタ(牝)が、北海道・新冠町の錦岡牧場で8月7日に亡くなっていたことがわかった。まだ12歳という若さだった。

「芦毛特有のメラノーマ(悪性黒色腫)が全身に転移していました。キングズベストの仔を受胎していたのですが、産道にも転移していて死産してしまいました。抗がん剤治療も行っていましたけれど、肝臓にも転移していたようです。ヤマニンアドーレ(牝3・父ダイワメジャー)という娘を残してくれましたので、それが救いですね」と、錦岡牧場代表の土井睦秋氏。

 現役時代に管理していた星野忍調教師は「繁殖に上がってわりとすぐにメラノーマにかかったんですよね。流産や死産を繰り返し、結局産駒はウチの厩舎にいるヤマニンアドーレ(牝3)の一頭だけです。飼い葉をなかなか食べてくれなくて苦労もしましたけど、開業して最初に重賞を勝たせてくれた上に、2つも重賞を勝ってくれましたから、本当に思い入れがある馬です」としんみりとしていた。

 アラバスタの一粒種・ヤマニンアドーレは、今週末、函館競馬場で未勝利戦への出走を目指している。ここで5着以内に入らなければ、次開催に行われる、いわゆる「スーパー未勝利」の出走権利を得ることができない。亡き母がかつて勝利した新潟記念の週に、アドーレは競走馬としての生き残りをかけて戦うことになる。(取材:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す