スマートフォン版へ

デニムアンドルビー陣営「中団あたりから本番を見据えた競馬を」/ローズS

  • 2013年09月12日(木) 12時00分
 他厩舎の併せ馬が折り重なり馬群を形成した。10頭近くが一団となってゴールを目指す。ラッシュアワー状態となった開門直後の栗東CW。その集団の中でデニムアンドルビーは、息を潜めていた。

 パートナーを前に見ながら直線に向き、進路を探す。内へ切り替えて伸びようとするが、密集地帯からなかなか抜け出せない。それでも、繰り出すフットワークは鋭く、そして伸びやか。身のこなしも柔らかい。6F82秒1-39秒2-13秒3。エックスマーク(4歳1600万)と併入し、追い切りを終えた。

「追い切りは(コース上が混雑して)競馬のようになってしまいましたが、動きは悪くなかったと思います。いい状態で臨めそうですよ」。突き抜けられなかったが、気にする必要はない。岸本助手はこう伝えた。

 3着に敗れたオークスから4か月。リフレッシュした効果もあって、成長した姿で放牧から戻ってきた。「大きくなって帰ってきました。帰厩した当初はカイバの食いが安定しない時期もあったのですが、それもなくなって、いい状態です。テンションが上がるようなことはありません。中団あたりから本番を見据えた競馬ができれば、と思っています」。末脚に磨きをかけてアタックする秋初戦。世代の頂点へと駆け上がる準備は、整いつつあるようだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す