スマートフォン版へ

ジャスタウェイ惜敗続きに終止符、鬱憤晴らす豪脚炸裂!/天皇賞・秋

  • 2013年10月27日(日) 20時39分
 27日、東京競馬場で天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)が行われ、レースは戦前の予想どおり2番人気トウケイヘイロー(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が先手を奪い、1番人気ジェンティルドンナ(牝4、栗東・石坂正厩舎)は2番手からの追走という展開になった。
 直線に入って早々にジェンティルドンナトウケイヘイローを交わして先頭に立つも、その外から福永祐一騎手騎乗の5番人気ジャスタウェイ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)が、一頭まるで違う手応えで脚を伸ばして抜け出し、そこからさらにジェンティルドンナとの差を広げ、最後は4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒5(良)。

 ジェンティルドンナから2馬身差の3着には、中団追走から脚を伸ばすも、前を捕らえるには至らなかった3番人気エイシンフラッシュ(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)が入った。なお、トウケイヘイローは直線で力尽き10着に終わった。

 勝ったジャスタウェイは、父ハーツクライ母シビルその父Wild Againという血統。近走はエプソムC関屋記念毎日王冠で3戦連続2着と惜敗が続いていたが、この大舞台で他を圧倒する豪脚を披露し、見事秋の盾を手にした。ジャスタウェイの勝利は2012年のアーリントンC以来、1年8ヶ月ぶり。また、鞍上の福永祐一騎手は、先週の菊花賞に続いて2週連続のGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
ジャスタウェイ(牡4)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ハーツクライ
母:シビル
母父:Wild Again
馬主:大和屋暁
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:16戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2012年アーリントンC(GIII)

【勝利ジョッキー・福永祐一騎手のコメント】
 馬が本当に良く頑張ってくれましたね。前走から一気の相手強化だったけど、自分がうまく乗れば一発あると思っていました。エプソムカップから乗せてもらっていますが、後肢に力が付いて本格化してきました。

 レースはゲートの中でも落ち着いていて、良いスタートを切ることができて、良いポジションを取ることができました。うまくいって良かったです。

 天皇賞は歴史のあるレースで、一番獲りたかったタイトルだったので、獲れて良かったです。今後はオーナーが決めることですが、また別の舞台でも一緒に頑張りたいと思います。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す