スマートフォン版へ

静内農業高校の生産馬、デビュー戦を快勝

  • 2005年02月13日(日) 13時27分
 13日、東京競馬場で行われた6R・3歳新馬(芝1800m)は、田中勝春騎手騎乗の4番人気ユメロマン(牡3、美浦・宗像義忠厩舎)が、好位追走から直線最内を突くと、中団待機から追い込んだ9番人気マイネルハウンドを1/2馬身抑え快勝した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。さらに2.1/2馬身差の3着には1番人気ヤマニンバンガードが入った。

 勝ったユメロマンは、父ジェネラス母サクラトキメキ(その父アンバーシャダイ)という血統。叔父が昨年の京成杯(G3)2着のマイネルマクロス(牡4、栗東・中村均厩舎父フジキセキ)で、近親にはサクラスピードオー(父サクラホクトオー共同通信杯4歳S-G3)がいる。本馬は、教育実習の一貫として、静内農業高校・旧畜産科(現生産科学科)の生徒たちによって種付け、生産、育成された本馬は、03年サマーセールにおいて250万円で売却されていた。

 東京5R・3歳新馬(牝・ダート1300m)は、柄崎将寿騎手騎乗の5番人気テンイムホウ(牝3、美浦・柄崎孝厩舎)が、中団待機から直線坂上で抜け出すと、逃げた1番人気ピクシーダストを2.1/2馬身制し優勝した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。さらに3馬身差の3着には2番人気ケイアイスカイが入った。

 勝ったテンイムホウは、父ラムタラ、母がJRA・2勝のラッキーダイアリー(その父ジャッジアンジェルーチ)という血統。半兄が現4勝のスペシャルストック(牡6、美浦・大久保洋吉厩舎、父ジェイドロバリー)で、近親にはボールドエンペラー(父キンググローリアス、デイリー杯3歳S-G2)がいる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す