スマートフォン版へ

松山康久調教師 JRA通算1000勝達成

  • 2014年01月26日(日) 17時42分
中山7Rで、10番コウジョウが1着となり、同馬を管理する松山康久調教師(美浦)は、中央競馬史上14人目、現役では2人目となるJRA通算1000勝を達成した。

なお、同調教師の父・松山吉三郎元調教師もJRA通算1358勝を挙げており、史上初の"父子1000勝トレーナー"となった。

松山康久調教師のコメント〜
「1000勝を達成することが出来てホッとしました。1勝の重みを十分感じましたし、勝つまでのプレッシャーはありましたがうまく行きました。1000勝を意識していなかったと言えば嘘になりますが、勝つための意識を出してしまうと馬に影響しますので、なるべく自然体でいることを心がけました。スタッフも頑張ってくれましたし、オーナーの方々の応援が本当にありがたかったです。開業当時から1勝ずつ積み重ねてきましたが、これほどの数字になるとは思いませんでした。(史上初の父子1000勝達成について)まだまだ父の足元には及びませんが、何とか一つの目標は達成出来たので、父も少しは喜んでくれていると思います。皆様、どうもありがとうございました」

松山康久調教師は、2014年2月28日に定年を迎える予定

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す