スマートフォン版へ

クリスタルC、ディープサマー逃げ切る

  • 2005年03月13日(日) 15時41分
 13日、中山競馬場で行われたクリスタルC(G3・芝1200m)は小野次郎騎手騎乗の2番人気のディープサマー(牡3、栗東・山内研二厩舎)が、スタート直後から果敢に先行し、後続とのリードを保ったまま逃げ切り、優勝した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。1.1/2馬身差の2着には10番人気のコパノフウジン、さらに3/4馬身差の3着には1番人気のアイルラヴァゲインが入った。

 勝ったディープサマーは、父タイキシャトル母チカリー(その父Sadler's Wells)という血統で、半兄には今年2月の白富士S(OP)でピサノクウカイとの叩き合いを制し優勝したアルスブランカ(牡6、美浦・河野通文厩舎、父ラストタイクーン)がいる。

 同馬は昨年7月に函館でデビュー。後に札幌2歳S(G3)、共同通信杯(G3)を勝つことになるストーミーカフェ(牡3、美浦・小島太厩舎、父アドマイヤベガ)相手に圧勝した。その後、函館2歳S(G3)でアンブロワーズ(牝3、美浦・小島太厩舎、父フレンチデピュティ)の2着に健闘した後は、勝ち切れないレースを続けてきた。重賞初制覇で、通算成績8戦2勝。

 タイキシャトル産駒は今年に入ってからJRA重賞5勝目で、代表産駒にはガーネットS(G3)、根岸S(G3)と重賞2連勝した後にフェブラリーS(G1)を好タイムで逃げ切ったメイショウボーラー(牡4、栗東・白井寿昭厩舎)、中山牝馬Sで初重賞制覇を遂げたウイングレット(牝4、美浦・宗像義忠厩舎)がいる。

 鞍上の小野次郎騎手は、同レースを2勝目(99年タイキダイヤ)で、JRA重賞は00年マニックサンデーで制したサンスポ賞4歳牝馬特別(G2)以来で通算4勝。管理する山内研二調教師は同レース初制覇で、きさらぎ賞(G3)に続き今年JRA重賞2勝目。通算39勝(うちG1、6勝)となった。

※結果は主催者発行のものと照合してください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す