スマートフォン版へ

天皇賞馬ヤエノムテキが29歳で死去

  • 2014年03月28日(金) 22時01分
 1990年の天皇賞・秋に優勝し、同年のJRA賞最優秀父内国産馬になったヤエノムテキが、3月28日未明、余生を送っていた浦河町の日高スタリオンステーションで病気(腸閉塞)のために死亡した。29歳だった。

 現役時代は23戦8勝。オグリキャップサッカーボーイサクラチヨノオースーパークリークと同世代で数々の名勝負を繰り広げた。デビュー4戦目で皐月賞に優勝。5歳時には安田記念2着、宝塚記念3着ののち天皇賞・秋ではメジロアルダンとの叩き合いを制して優勝している。

 種牡馬として活躍馬には恵まれなかったが、2010年から功労馬生活をスタート。多くの人たちに支えられながら最期まで大切にされていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す