スマートフォン版へ

黒船賞、マイネルセレクト快勝

  • 2005年03月21日(月) 16時21分
 21日、高知競馬場で行われた黒船賞(交流G3・ダート1400m、1着賞金3000万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気マイネルセレクト(牡6、栗東・中村均厩舎)が、中団追走から抜け出し、外から追い込んだノボトゥルーに2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分28秒4(良)。さらにハナ差の3着には先行したロッキーアピールが粘り、圧倒的1番人気(単勝150円)に支持されたシーキングザダイヤは、スタートで後手を踏み見せ場なく9着に惨敗した。

 勝ったマイネルセレクトは、父フォーティナイナー母ウメノアスコット(その父ラッキーソブリン)という血統。祖母が80年エリザベス女王杯を制したハギノトップレディで、伯母に91年安田記念スプリンターズS(ともにG1)を制したダイイチルビーがいる。ダート戦では無類の強さを誇り、掲示板を外したのは昨年のドバイ遠征以来の出走となった04年さきたま杯(交流G3)6着のみ。その後の東京盃(G2)を圧勝し、続くJBCスプリント(交流G1)でG1初勝利を飾ってダート短距離界のトップに立った。今年に入り、出走予定だった2月20日のフェブラリーS(G1)を感冒のため直前で取り消し、昨年に続いてのドバイ遠征も断念していた。通算成績は17戦10勝(うち重賞5勝)。

 鞍上の武豊騎手は、01年ノボジャックに続き同レース2勝目。管理する中村均調教師は同レース初勝利。今回の勝利で99年の第2回からJRA勢の7連勝となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す