スマートフォン版へ

ドラマ「ファイト」が低調なスタート

  • 2005年03月29日(火) 13時00分
 29日、28日から始まったNHK連続テレビ小説「ファイト」の初回視聴率が関東地区で16.9%と、64年の調査開始以来ワーストとなるスタートを切った事が明らかになった。

 同ドラマは、04年12月31日に廃止となった高崎競馬のある群馬県高崎市を舞台に、父の経営する町工場が傾き、家族バラバラの生活を送るヒロインが、高崎競馬で1頭の牝馬と出会い、牧場経営の夢を追うストーリー。ヒロイン役を、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「3年B組金八先生」、映画「スウィングガールズ」などに出演していた本仮屋(もとかりや)ユイカさん(17)が熱演している。

 また、「サイゴウジョンコ」という役名で、元競走馬のダンスアワルツ(牝5、父ミシル)が出演している事もわかった。ダンスアワルツは00年6月5日に北海道静内・グランド牧場で生まれた芦毛の牝馬。02年12月に美浦・伊藤圭三厩舎からデビューし、3戦未勝利で引退した。その後はJRA競馬学校の教習用馬となっていたが、今回、200頭以上の馬たちの中から、見事「サイゴウジョンコ」役に選ばれた。父ミシル母ダンシングゴッデス(その父Nijinsky)という血統で、甥に札幌記念(G2)など重賞4勝のエアエミネム(父デインヒル)がいる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す